Tamrielic Rhapsody - The Elder Scrolls III & IV

 主にThe Elder Scrollsシリーズに関連した事を綴っていくブログでございます。

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category :  Randomness (ネタ回)
tags : 
久方振りの更新です。どうも皆様こんばんは。

前の更新から続けて更新しようと思った矢先に大震災が起きまして、
ネットでも騒がれていた様子を見てブログを更新出来るような様子ではないと感じたので
しばらく様子を見ようとブログの更新を自粛したが最後、Oblivionそのものにもまた飽きてしまい、
いろいろと別の事をやっているうちに結局また今回の更新まで間が空いてしまいました。

その為Oblivionのフォルダもまるごと外付けHDDに戻してしまったので、
またプレイしてみようという気が起きるまでは撮り溜めしておいたネタでやりくりする事になりそうですが、
時間がかかったとしてもせっかく撮ったものなので消化したいと思っているので、
気長にお待ち頂ければと思っております。


さて、今回は前回の続きとして本当は紹介するつもりだったネタ回をお送りします。
今回は、めいわくをかける度数で言えばあのドジっ娘コンパニオンことRamyすらも上回る、
真性ドジっ娘 もとい ネタっ子の紹介です。

名前は未だ仮の名前のままなので、ネタっ子とでも呼んであげて下さい。


それでは、前回は9.で終了したので、今回は10.からスタートです。どうぞ!


Read More...


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  Randomness (ネタ回)
tags : 
Spectral Warrior Doya


                             どや?



Doya Mino


                            どや??



はい、という事でどうも皆様こんばんは!
いきなりどや顔二連発で始まった今回は 珍場面特集 という事で、
運よく Dxtory を起動していた事で撮影に成功したものをお届けしたいと思います。

SSがいつもより少し多めに見えるかもしれませんが、実はこれでもかなり節約したほうで、
元々の素材はこれの3~4倍の枚数がありました。

これらを全てUPして一つ一つ細かに紹介していくととてつもない長さになる上に、
ファイル容量が早く底をついてしまいかねないので、説明に複数枚必要だったものには
補足画像・ハイライトを貼り付けて大体は分かるようにしながらお送りする事にしました。

また、先に念を押して断っておきますが、これらは進めていく中で自然に出くわしたものであって、


ポーズMODなどは一切使用しておりません。


というよりポーズMODは全体的にオーバーなものが多くて使わないものが大体9割以上、
実際に使うのは・・・良くても2、3ぐらいですし本当に必要な時以外は全て外しているので、
使おうと思ったとしても使えないんですけどね!

それでは、tfctm オンリーのやらせ一切無し、オールナチュラルなショット達をお楽しみ下さい!




1. Rockmilk Caveにて: 「侵入者よりも雑談が大事」

多くの方が御存知の通り、Black Bow BanditsとMaraudersが常に争っているこの場所。
そしてプレイヤーがその両勢力のケンカにちょっかいを出すと
「勝手に入ってきてんじゃねえよ!」と両者から攻撃を受けることになる、
というのもプレイした事のある方なら御存知だと思います。そんな戦場での貴重な一枚。


     At Rockmilk Cave


侵入者がきたぞー!という必死のアピールもむなしく雑談をする敵勢力・・・

対立している勢力だから耳を貸さないのか、それとも雑談のほうが大事だからなのか、
本当の理由はどうであれ、今にもダイブしそうなポーズと平和そうに雑談している様子の
その二つが織り成すシュールな光景に笑いを頂きました。




2. Cheydinhal Dark Brotherhood Sanctuaryより: 「継続は力なり?」


     DB People Stretching


Dark Brotherhoodの皆さんから頂いた舞台練習風景の一枚。
・・・というのは冗談で、「裏切り者ごと粛清してこい」という内容のクエストの時に、
雑談しているOcheevaさんとTeinaavaさんにFrenzyスペルをかけて
スパーリングをさせたら二人揃ってテーブルに足をかけたりしながら反り返ったという光景です。
(別テイクはテーブルを補助に使ってブリッジしているみたいな光景)

そしてもう一つは椅子に座っているところを「おーっす!おっじゃまー」と後ろから頭をスコーンと叩いたら
柱に向かって見事なダイブを決めた時のものです。しかしすごい足の角度である。
(経験者談: この角度のストレッチがまともに出来るようになるまで3ヶ月はかかります。)

Assassinに求められる素早くしなやかな動きが必要な時に出来るのは
こういう普段陰で積み重ねている努力があっての事なのかもしれないなあと思ったシーンでした。




3. たまにあるある?: 喧嘩っ早いコンパニオンの末路

敵と目が合うとお約束と言わんばかりにシールドスペルを使ったりして特攻するコンパニオンですが、
トラップに引っかかって共倒れに終わる事もたま~にありますよね? この時もそうでした。


     Death from Trap


「なんで目が合っただけですぐ怒るの?もう少し落ち着こうよ!」と言おうと思って駆け上がったら
二人で仲良く引っかかってるし。どんだけこの短時間で仲良くなったんですか。




4. 埋もれてるけど大丈夫?


     Ramy 1


生きてるみたいでしょ?敵にやられた後なんだよこれ・・・

「たべちゃうぞー」

いやその前にあなたの足が地面に食べられてるんですがっ!
そして肩をトントンするつもりで Grab キーを押したら足が埋もれたままバタバタ暴れ出す始末。
SGT(スーパー・ゲッ☆ダン・タイム) in Oblivion

「たべられちゃったー たすけてー」


・・・あとは自分でなんとかしてちょうだい。


そしてポーズとぬいぐるみの大きさが時々織り成すのが・・・


     Ramy Faceless


もしかしてそれって盾装備・兼・ヘルメットとかそんな感じなの?
あなたカボチャといい被り物好きだねー


息・・・・苦しくないのかな・・・・




5. ついにCyrodiilにも上陸?

     Woodelf Dead strangely

なんというおネエ系ウッドエルフ・・・
まさかおネエ/MANS軍がついにCyrodiilにまでやってきたというのか・・・・
既にもう勘弁してよと思うぐらいOblivionは女ゲーに成り果ててしまっているのに、
今度はカマーゲーになろうとしているのだとしたらそれはそれで御免こうむりたいですね。
ある意味Daedra達が侵略してくるよりも恐ろしい事になるかもしれない。
Skyrimの事が今から心配になってきたよ・・・ 

そして見事にヘッドショットまでされているのには恐れ入りました。


と、ここで前半が終了。
こんなグダグダがまだ続くんだぜ・・・・ 
でもここで消化しておかないとずっと寝かしたままになるから今回で消化しておく事にするよ!




Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  Meshes, Textures
tags : 
 
仕方なく Kvatch 救ってきました。えらいでしょ? 
 
     Oblivion 2011-02-02 11-22-26-593

という事で皆様御機嫌ようでございます。
再開してからは原点回帰という事で我らがメインキャラクターでプレイしております。
そしてつい最近Kvatchを"不本意"ながらも救ってきたわけですが、
それにはMasterレベルまでRestorationを少しでも早く上げられるようにするには
早めにMaster Trainingを受けられるようにしたほうがいいという理由があったからです。(きっぱり

本当は「世界に"数の恐怖"を」なAdrenaline Oblivionと一緒にプレイしたかったのですが、
試しにやってみたところ、PCへの負荷がえらい事になってプレイどころの話では無くなったので
泣く泣く普通に攻略する事に・・・ (最終的に画面ごとフリーズして応答しなくなった程)

おのれKvatchめ・・・・またしても・・・・ 


・・・まあ、あとでまた壊すんだけどね!!!


その他にも、

     Oblivion 2011-01-24 23-57-59-861

珍しく重たい鎧を纏ってゲートへパトロールマラソンに行ってみたり・・・

(Enhanced Daedric Invasionの影響でゲートの外や中にもNPCが時々現れるので
同じ目的を持った人同士の一期一会な感じも味わえてまた楽しいです。)

     Oblivion 2011-01-26 23-01-25-722

ぷれーいず びー

ふぉー ろーど でいごーん

と生気の無い口調で斉唱している集団のところへ隣の晩ごはん的な押しかけに行ったり・・・

メインクエストやMages GuildクエストなどのVanillaクエストを
MODがごちゃごちゃ入っている今の環境でプレイするのは初めてな事もあり、
以前にプレイした時とは違う点が目につくのが新鮮で結構楽しめております。

MODで追加される装備もいいけど、Vanilla装備もなかなかいいものです。
たまには使ってあげてね!

ちなみに上の画像は裸で生贄にされかけていたJeeliusさんに
Mad Companionship Spellsでローブと拾い物のElven Maceをプレゼントしたら
お礼に一緒に戦ってくれた、っていう図です。本当は逃げてばかりなはずなんですけども。

今や自分の作ったキャラをコンパニオンにしたり出来るようになった事で、
誰かを連れているのはもはやほぼ当たり前のようになってきている部分もありますが、
コンパニオンを連れていないこういう場面でNPCが一緒に戦ってくれると結構嬉しかったり。


とまあ前置きがいつも通り長くなってしまいましたが、
こうしてブログも再開した事ですし、そろそろイメチェンをさせてみたいなと思い、
ちょっとだけ顔の調整をしてからドルさんの髪型も変えてみる事にしました。

今までずっと同じ髪型だったのもそうですが、半年も経てば髪も伸びるよ!
という事で今までより少し長めの髪型を中心に模索していった結果・・・・


ジャジャン!



Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

どうも皆様、大変御無沙汰しております。
憶えていらっしゃいますでしょうか。

といっても、早いもので以前の更新から半年近くが経つので、
ここに来る人ももうあまりいないのではないかなと思いますが・・・
ようやく身の回りの事にもひと段落ついて、それに合わせるかのように丁度良く
「久しぶりにやってみようかな」とプレイする意欲も戻ったので再開致しました。


ちなみにOblivionから離れているこの期間中、
Morrowindをしばらくプレイしていました。
The Elder Scrollsシリーズに入るきっかけになった作品なだけに、
何年か振りにプレイを始めた時はそれだけでどこか感慨深いものがありました。

英語の事なんて右も左も分からないながらも原語による雰囲気を大切にしたいと、
自力で必死に解読していた頃が懐かしいなあと当時を振り返りながらプレイしていたのですが、
当時分からなかった事が今になって理解出来ている、と実感出来た部分が多く、
「少しは成長出来たのかな・・・」とプレイしていながら嬉しくなりました。

当時「分からないし」で諦めずに「分からないからこそ分かろうとしていた」からこそ得られた
一つの感動とも言えるのかもしれません。


と、そんな思い出話はさておきまして、この度ブログのタイトルを改名致しました。

今書いたようにMorrowindを始めた事もありますが、
それから間もなくThe Elder Scrolls V: Skyrimの発表があった事も知って、

「これからはOblivion以外の事にも触れるかもしれないし・・・」

Cyrodiil という"庭"だけに限定したままというのもどうかなと思い始め、

「それならTamriel全域に広げてしまえい!」

という事で思い切ってCyrodilic から Tamrielicへと変える事にしました。

とはいえ、まだ完全に落ち着いたというわけではなく、
「少し時間が出来たかな?」という程度なので再開早々ガンガン更新は出来そうにありませんが、
再インストール後のプレイ環境も整い始めたので、
「この事について少し書いてみようかな」と気が向いた時を目安に
ちょっとずつ更新していけるように出来たらなと思っています。


これからどれだけ更新出来るのか、そしてどこまで続くのかは自分にも分かりませんが、
これからは Tamrielic Rhapsody として、どうぞよろしく御願い致しますね。



※後半はMOD紹介だよ!


Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

摂取するものを一新した事でなんとか前よりかは良くなってきたような気がする今日この頃です。
どうも皆様こんばんは、Kirscheでございます。

それでも仕事やら何やら立て込んでいるのは相変わらずで、
ブログ用のネタをなかなか消化出来ず歯がゆい思いをしていますが、
VRAM消費量を減らす為にBSAを作り直したり、少しMODの整理もしたおかげで
マップ移動中やNPCが集中する事によって起きる処理落ちからのCTDは少なくなり、
現在もゲームのほうは相変わらず楽しむ事が出来ています。 皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今まで新しい男性キャラについて何度かほのめかしてきたわけですが、
今回ようやくその一人の出演準備が整ったので紹介してみたいと思います。ぱちぱちぱちぱち!
 

Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。