Tamrielic Rhapsody - The Elder Scrolls III & IV

 主にThe Elder Scrollsシリーズに関連した事を綴っていくブログでございます。

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category :  Meshes, Textures
tags : 
 
仕方なく Kvatch 救ってきました。えらいでしょ? 
 
     Oblivion 2011-02-02 11-22-26-593

という事で皆様御機嫌ようでございます。
再開してからは原点回帰という事で我らがメインキャラクターでプレイしております。
そしてつい最近Kvatchを"不本意"ながらも救ってきたわけですが、
それにはMasterレベルまでRestorationを少しでも早く上げられるようにするには
早めにMaster Trainingを受けられるようにしたほうがいいという理由があったからです。(きっぱり

本当は「世界に"数の恐怖"を」なAdrenaline Oblivionと一緒にプレイしたかったのですが、
試しにやってみたところ、PCへの負荷がえらい事になってプレイどころの話では無くなったので
泣く泣く普通に攻略する事に・・・ (最終的に画面ごとフリーズして応答しなくなった程)

おのれKvatchめ・・・・またしても・・・・ 


・・・まあ、あとでまた壊すんだけどね!!!


その他にも、

     Oblivion 2011-01-24 23-57-59-861

珍しく重たい鎧を纏ってゲートへパトロールマラソンに行ってみたり・・・

(Enhanced Daedric Invasionの影響でゲートの外や中にもNPCが時々現れるので
同じ目的を持った人同士の一期一会な感じも味わえてまた楽しいです。)

     Oblivion 2011-01-26 23-01-25-722

ぷれーいず びー

ふぉー ろーど でいごーん

と生気の無い口調で斉唱している集団のところへ隣の晩ごはん的な押しかけに行ったり・・・

メインクエストやMages GuildクエストなどのVanillaクエストを
MODがごちゃごちゃ入っている今の環境でプレイするのは初めてな事もあり、
以前にプレイした時とは違う点が目につくのが新鮮で結構楽しめております。

MODで追加される装備もいいけど、Vanilla装備もなかなかいいものです。
たまには使ってあげてね!

ちなみに上の画像は裸で生贄にされかけていたJeeliusさんに
Mad Companionship Spellsでローブと拾い物のElven Maceをプレゼントしたら
お礼に一緒に戦ってくれた、っていう図です。本当は逃げてばかりなはずなんですけども。

今や自分の作ったキャラをコンパニオンにしたり出来るようになった事で、
誰かを連れているのはもはやほぼ当たり前のようになってきている部分もありますが、
コンパニオンを連れていないこういう場面でNPCが一緒に戦ってくれると結構嬉しかったり。


とまあ前置きがいつも通り長くなってしまいましたが、
こうしてブログも再開した事ですし、そろそろイメチェンをさせてみたいなと思い、
ちょっとだけ顔の調整をしてからドルさんの髪型も変えてみる事にしました。

今までずっと同じ髪型だったのもそうですが、半年も経てば髪も伸びるよ!
という事で今までより少し長めの髪型を中心に模索していった結果・・・・


ジャジャン!



Read More...


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  装備関連
tags : 
皆様どうも、動画を撮り始める前に少しMODの整理をしておりましたKirscheです。

今回の整理においても、プレイの中でそれほど重要ではなくなったものや、
大型MODなどを導入するにつれてゲームにおける変化を確認出来なくなった、
といったものを外してきたのですが、そのうちの一つとして、
今まで使用していたMODの中でも付き合いの長かったFranともお別れする事にしました。

それにはいくつか理由があるのですが、まずそのうちの一つとして、
敵/NPCのレベル調整、新しい敵の追加、Skill上昇率や装備データの調整などの要素が、
Oscuro's Oblivion Overhaul(OOO)と多くの点でかぶっている事が挙げられます。

Franのみを入れていた当初は、ゲート周辺、内部にGolden Saintが出てきたりして、
Vanillaの状態に慣れてマンネリしていたプレイを新鮮なものにしてくれたのですが、
OOOを導入して以来、Franによる変化がほとんど見られなくなったといいますか、
OOOによる調整に負けてしまっていた為、少し前に調整用のespを全て外してしまい、
そこから「入れておく必要あるのかな・・・?」と疑問が浮かび始めたのです。

そして外す決定打になったのが、Franで追加されるアイテムの売られる頻度やドロップ頻度。
これも同じように、Franだけを入れていた時はFran導入によって追加されたアイテムが
お店で売られているのも、敵が持っているのも見る事が出来たのですが、
OOOを導入した後は、気にいっていた装備やアイテムほど見かける事が無くなり、
あまり使わないものほど多く出てくる、という状態に・・・

その為、いつしかOOO導入前に手に入れていた装備数点しか使わなくなってしまったので、
使わないものが無駄に多くあっても動作が重くなるだけだし・・・
と思いきって決別する事にした、というわけです。

「それならCSで取り込み作業をして欲しいものだけ使えばいいじゃん?」とも思っていたので、
CS奮闘記で紹介した事を早速実践してみるいい機会でもあったのかもしれません。
外した状態でちゃんと反映されるかどうかを確認するのに時間はかかりましたけれどもね・・・

という事で、今回取り込み作業を済ませた武器のスクリーンショットDEATH!

       Merged Weapons

SS 1. 左から順に:
Ebony War Scythe, Glass Staff, Daedric Staff, Solaris, White Staff, Elven Longbow, Glass Glaive

       Pegasas Weapons

SS 2. 左から順に: Pegasas Dagger, Pegasas Sword, Pegasas Claymore, Pegasas Bow

SolarisとWhite Staff以外は全てFranで追加されたもので、
SS 2にあるPegasasシリーズも一緒に登録しておいたのですが、単品でMODとしてある上に、
どうやらOOOにも同じメッシュ、テクスチャーを使用した装備があるようなので、
結果的にあまり意味はなかったのかも・・・

(興味のある方は、Tes NexusのPegasas SetへGO DEATH!)

芸術を感じさせる細かなデザインが印象的な装備ですね。
Dwarven装備をさらに格好良くさせたらこんな感じなのかも(・∀・)
質感が素晴らしく、個人的にオススメな一品です♪

装備するとこんな感じになります。(上から順にPegasas Sword、Pegasas Dagger)

     Pegasas Sword

      Pegasas Dagger

ちなみに、この単品MODを見つけたのが作業を終えた直後だったのはナイショです(笑)
ええ、なんという時間の無駄遣いだって思いましたとも!orz

とまあこんな具合で整理をしていたのですが、外した後の感想はというと・・・
やはりそれほど足りない何かを感じる事もありませんでしたが、
外した後は体感的に軽くなったように思いました。

多分FPSでいえば5前後は稼げたんじゃないのかなあ、と街を散策している時に感じました。
たかが5でもされど5です。少しの違いに思えても、実際はかなりの違いが出てきます。
MOD整理の重要性を思い知らされた出来事でした・・・

それよりも、FPSが20あたりでも不満と仰る方が世の中にはいらっしゃるようで... orz
私の環境では最低ラインで20ぐらいを保てたのならもう満足以上なぐらいです(笑)

かといって今デスクトップを新しく買ったところで、移動の多い職業柄、
移動先に持っていけなければ元も子も無く、メリットは全くといっていい程無いので、
やはり現在の選択肢はノートPCに限られますが・・・

と、ちょっとした「デスクトップはいいな~」な意見はこのぐらいにしておいて・・・

MODの整理も済ませたので、これで動画を作る準備が出来た!

・・・と思いきや、今度はゲーム内である問題が。

といいつつ、これが今回の記事の本題でもあるのですが・・・・


Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  Meshes, Textures
tags : 
プレイしていく中で出くわすNPC(プレイヤー以外のキャラ)の印象を決定付ける要素であり、
Oblivionにおいて永遠のチャレンジとも言えるキャラメイクにも大きく関係してくるのが、
キャラクターの肌質、及び肌質による見た目の変化ですよね。
これ一つ取っても、同じ設定で顔を作っても印象が大分変わるもので、
中には別人とも言える変化を遂げる事さえあります。

私が今の時点で知っているフェイステクスチャー張り替えセットは次の通り:

- Natural Face
- Danis13 Beautiful Faces
- IFT Improved Face Textures
- Face Texture Replacement
- Face Textures for High Rez Skin Textures
 (High Rez Skin Textures for HGECより。)

私も今まで上に挙げた(美肌になっちゃう?!な)スキン差し替えセットを試してきましたが、
現在私はDanis13 Beautiful FacesFace Texture Replacementの二つで落ち着いています。

Natural Face、IFTなどの他のフェイステクスチャーの特徴比較は(今私が知っているところでは)
Kemo in Oblivion様 (Kemo様)や、Rembrandt Oblivion Room様 (Rembrandt様)
詳しく紹介していらっしゃいますが、Face Texture Replacementと比較しているサイトが
なぜかあまりないようだったので、それなら私が一役買いましょうという事でやってみましたよ。

続きはWeb...ではなく、Read More...をクリックしてね!

Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  装備関連
tags : 
Warglaives and Silverlight Armor by Jojjo


Leyawiin付近にあるFort Bluebloodに、
前回紹介したWyrmfangのような武器と盾扱いの装備一組「Warglaives」、
そして Silverlight Armor という綺麗な装飾の施された防具が追加されます。

Mages GuildのRecommendation(推薦状)のクエストをやった事のある方々にとっては、
聞き覚えのある名前ではないでしょうか。


       Fort Blueblood Map


両方共同じ場所にある為一回で取りにいくほうが手間が省けると思いますが、
別のファイルとして分けてあるので、どちらかのみを入れる事も出来ます。
(既に別バージョンのWarglaiveを導入している方々への配慮だと思われます。)

ただ、この装備は解像度が非常に高いらしく(それか容量が大きい?)、
環境によってはFPSが下がる可能性があります。説明前に念の為ことわっておきますね。

Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

Category :  装備関連
tags : 
一つ前の記事でAmbassador of Darknessという軽装備を紹介しましたが、
その装備にも合う二刀流装備のMODを今回は紹介しますよ!

Wyrmfang

Wyrmfang Sword と Wyrmfang Defensive Dagger (防御用短剣)一式が
MackamentainというAyleid遺跡に置かれるようになります。

       Wyrmfang 2

近辺はこんな感じの場所です。

       Wyrmfang 1

Read More...


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。