Tamrielic Rhapsody - The Elder Scrolls III & IV

 主にThe Elder Scrollsシリーズに関連した事を綴っていくブログでございます。

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category :  Randomness (ネタ回)
tags : 
Spectral Warrior Doya


                             どや?



Doya Mino


                            どや??



はい、という事でどうも皆様こんばんは!
いきなりどや顔二連発で始まった今回は 珍場面特集 という事で、
運よく Dxtory を起動していた事で撮影に成功したものをお届けしたいと思います。

SSがいつもより少し多めに見えるかもしれませんが、実はこれでもかなり節約したほうで、
元々の素材はこれの3~4倍の枚数がありました。

これらを全てUPして一つ一つ細かに紹介していくととてつもない長さになる上に、
ファイル容量が早く底をついてしまいかねないので、説明に複数枚必要だったものには
補足画像・ハイライトを貼り付けて大体は分かるようにしながらお送りする事にしました。

また、先に念を押して断っておきますが、これらは進めていく中で自然に出くわしたものであって、


ポーズMODなどは一切使用しておりません。


というよりポーズMODは全体的にオーバーなものが多くて使わないものが大体9割以上、
実際に使うのは・・・良くても2、3ぐらいですし本当に必要な時以外は全て外しているので、
使おうと思ったとしても使えないんですけどね!

それでは、tfctm オンリーのやらせ一切無し、オールナチュラルなショット達をお楽しみ下さい!




1. Rockmilk Caveにて: 「侵入者よりも雑談が大事」

多くの方が御存知の通り、Black Bow BanditsとMaraudersが常に争っているこの場所。
そしてプレイヤーがその両勢力のケンカにちょっかいを出すと
「勝手に入ってきてんじゃねえよ!」と両者から攻撃を受けることになる、
というのもプレイした事のある方なら御存知だと思います。そんな戦場での貴重な一枚。


     At Rockmilk Cave


侵入者がきたぞー!という必死のアピールもむなしく雑談をする敵勢力・・・

対立している勢力だから耳を貸さないのか、それとも雑談のほうが大事だからなのか、
本当の理由はどうであれ、今にもダイブしそうなポーズと平和そうに雑談している様子の
その二つが織り成すシュールな光景に笑いを頂きました。




2. Cheydinhal Dark Brotherhood Sanctuaryより: 「継続は力なり?」


     DB People Stretching


Dark Brotherhoodの皆さんから頂いた舞台練習風景の一枚。
・・・というのは冗談で、「裏切り者ごと粛清してこい」という内容のクエストの時に、
雑談しているOcheevaさんとTeinaavaさんにFrenzyスペルをかけて
スパーリングをさせたら二人揃ってテーブルに足をかけたりしながら反り返ったという光景です。
(別テイクはテーブルを補助に使ってブリッジしているみたいな光景)

そしてもう一つは椅子に座っているところを「おーっす!おっじゃまー」と後ろから頭をスコーンと叩いたら
柱に向かって見事なダイブを決めた時のものです。しかしすごい足の角度である。
(経験者談: この角度のストレッチがまともに出来るようになるまで3ヶ月はかかります。)

Assassinに求められる素早くしなやかな動きが必要な時に出来るのは
こういう普段陰で積み重ねている努力があっての事なのかもしれないなあと思ったシーンでした。




3. たまにあるある?: 喧嘩っ早いコンパニオンの末路

敵と目が合うとお約束と言わんばかりにシールドスペルを使ったりして特攻するコンパニオンですが、
トラップに引っかかって共倒れに終わる事もたま~にありますよね? この時もそうでした。


     Death from Trap


「なんで目が合っただけですぐ怒るの?もう少し落ち着こうよ!」と言おうと思って駆け上がったら
二人で仲良く引っかかってるし。どんだけこの短時間で仲良くなったんですか。




4. 埋もれてるけど大丈夫?


     Ramy 1


生きてるみたいでしょ?敵にやられた後なんだよこれ・・・

「たべちゃうぞー」

いやその前にあなたの足が地面に食べられてるんですがっ!
そして肩をトントンするつもりで Grab キーを押したら足が埋もれたままバタバタ暴れ出す始末。
SGT(スーパー・ゲッ☆ダン・タイム) in Oblivion

「たべられちゃったー たすけてー」


・・・あとは自分でなんとかしてちょうだい。


そしてポーズとぬいぐるみの大きさが時々織り成すのが・・・


     Ramy Faceless


もしかしてそれって盾装備・兼・ヘルメットとかそんな感じなの?
あなたカボチャといい被り物好きだねー


息・・・・苦しくないのかな・・・・




5. ついにCyrodiilにも上陸?

     Woodelf Dead strangely

なんというおネエ系ウッドエルフ・・・
まさかおネエ/MANS軍がついにCyrodiilにまでやってきたというのか・・・・
既にもう勘弁してよと思うぐらいOblivionは女ゲーに成り果ててしまっているのに、
今度はカマーゲーになろうとしているのだとしたらそれはそれで御免こうむりたいですね。
ある意味Daedra達が侵略してくるよりも恐ろしい事になるかもしれない。
Skyrimの事が今から心配になってきたよ・・・ 

そして見事にヘッドショットまでされているのには恐れ入りました。


と、ここで前半が終了。
こんなグダグダがまだ続くんだぜ・・・・ 
でもここで消化しておかないとずっと寝かしたままになるから今回で消化しておく事にするよ!




Read More...


スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。