Tamrielic Rhapsody - The Elder Scrolls III & IV

 主にThe Elder Scrollsシリーズに関連した事を綴っていくブログでございます。

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/22
Errands On Behalf 1

Category :  プレイ小話
tags : 
     Alchemists Cave 1


「・・・様子を見ておいて欲しい、と?」

穏やかな声でその人物は疑問を投げかける。


「はい。私達がShivering Islesへ行っている間だけで構いません。お願い出来ませんか?」

そう口にした彼女の目に映る人物は冷静な表情を変えず、

「様子を見ておくのは構いませんが、・・・何か引っかかる事でもあるのですか?」

頭を斜めに傾げながら不思議そうに口を開く。

その表情の裏にある、"既に何もかも見通している"という色をあえて包み隠すように。

「はい。前任者のアーチメイジ・トレイヴンに代わって「Mannimarco」
私が討って以来、沈黙を保っていたNecromancerの残党が再び水面下で動きを見せているようです。」


「現在の様子では大々的に動き出す事はまだないと思いますが、
私達がいない間も動かないという保障はないと思いますので、
念には念を入れておくに越した事はないだろう、と・・・」



(・・・やはり気が付いていましたか)


     Alchemists Cave 2


Arch-MageというMages Guild 及び Arcane Universityの元締めの立場にいる以上、

必然的に各地から様々な情報が定期連絡や報告などの形を通して集まってくる為、

別勢力に何らかの動きがあればそれはいずれ自分の耳元にも届く。

しかし、Arch-Mageという立場に立つ者としても、それらの情報に頼るだけでなく、

いち早く彼らの動きを自ら察知出来ているかどうか、

それを確かめるべくその女性はあえて知らない振りを装って彼女に訊いていたのだ。


(流石、表でArch-Mageとして上に立っているだけの事はありますね)


一時の沈黙の中で表情には出さず、感心の色を目の奥にだけ浮かべる。


「成程。その件については分かりました。」

「はい。 ・・・  それと・・・」

同じ言葉で返す代わりに相手は瞬きの後に再び頭を少しだけ斜めに動かす。
冷静な表情は依然としたまま。

BrumaMoccaさんが面倒を見ていた子がいまして・・・
偶然にも彼女も仕事の関係で数日間Brumaを離れなければならないようなので・・・・」


「その間の保護を私に・・・・ という事でしょうか?」

その言葉に続いてサテンブロンドの髪の女性はゆっくりと頷いた。

「Moccaさんはその子に家の鍵も持たせたようで、家でおとなしくしているはずと言っていましたが、
どうも"その子一人では少し心配で"・・・」


彼女の目に映る女性は頷く代わりに目を瞑り、静かに間を置いている。

サテンブロンドの髪の女性も静かに、真剣にその様子を見守っている。


・ ・ ・ ・ ・ 


そしてしばらく経って、相手の女性はゆっくりと目を開き、口を緩めた。

「・・・分かりました。いいでしょう。」


ピリピリした空気が続いていたせいか、

瞬きの後に耳に届いたその言葉はどこか柔らかく感じられた。


「貴方が留守の間、彼らの動きは私が監視しておきます。
表向きに活動してこそいないものの、私もArch-Mageの一人ですのでね。
"ある方"からちょっとした調査の依頼も受けていますし、むしろタイミングとしては丁度良いですよ。
勿論、その子の迎えにもなるべく早く向かうつもりなので、こちらの事は心配せず、
安心して行ってきてください。」



それを聞き届けた彼女の表情も柔らかくなった。

「・・・・ありがとうございます。」


「それに・・・・ "自分自身"を見る良い機会でもあるでしょうしね・・・」


その言葉を彼女は聞き逃さなかった。
しかし言葉の意味が今一つ良く分からなかったようで、再び疑問の色を浮かべている。
また、今しがた緊張が解けた体にも緊張の色が再び見て取れる。

その一方で相手の女性は意味深な表情を浮かべている。
「何でもない」と代弁する為の表情や、普通の笑顔とはまた少し違う、
目を瞑りながら、「既に分かっている」という事を暗示しているような表情だった。


「いえ・・・今は深く考えなくとも良い事です。直に理解出来る時が来るでしょう。」

そこには、その言葉によって明るみに出かけていた近い将来の謎をかき消さんばかりの、
そして先程までの冷静沈着な表情とは正反対とも言える柔らかな笑顔が浮かんでいた。

「昔から過酷な状況を乗り越えてきた貴方なら大丈夫だとは思いますが、
狂気に呑まれないようにね。"楽しんでいらっしゃい"」


狂気とは対をなす表現によって皮肉が籠められた最後の言葉と、

その言葉の印象にはとても似合わない優しい笑顔とのギャップに苦笑いしながらも

安堵と感謝の気持ちを含む笑顔を浮かべると、


「では・・・Idylle先生、私が留守の間の事、お願いします。」

「ええ、道中お気をつけて。皆さんにも宜しくお伝え下さい。」


二人はしばしの別れを告げ、サテンブロンドの髪の女性は準備の為にその場所を後にした。

それを見届けると、Idylleと呼ばれた、薄紫色の整った髪の女性は静かに口を開く。


「・・・・小旅行と言ってはいましたが、最近Cyrodiilに紛れ込んできている
Shivering Islesのモンスターや"あの結晶体"の要因を突き止める、
それが彼の地へ向かう本当の目的のようですね。」


それは今しがた出ていった彼女に向けての賛辞も含んでいるのか、
それともその彼女を見直したという意味で自身に投げかけた言葉なのか。
あるいは両方なのかもしれない。

その裏で、彼女が人を使う立場に立って重い責任を感じている事は理解していたにも関わらず、
彼女を試すような事を言ってしまった事も自身の中で少し反省していた。

それでも今も変わらず先生と呼んで慕ってついて来てくれる事は改めて嬉しく感じた。


・ ・ ・ ・ ・ ・


色々な心境が交錯するしばしの静寂の後、

女性は座っていた椅子から音を立てる事無くゆっくりと立ち上がり、

艶のある髪を揺らしながら外に向かって足を進めていった。


「・・・っ」


     Idylle 1


薄暗い場所から明るい場所に急に移った事で太陽の光の強さを厳しいものに感じたのだろう。

一瞬目を細めたが、目が光に慣れるまでに必要だったのは少し歩く程度の時間だった。



歩きながら目を光に慣らしていくうちに、

数日振りに味わう朝のCyrodiilの空気の心地良さにも意識が向き始める。


体の中に静かに送り込み、細く吐き出す。それを数回繰り返す。

とても気持ちが良い。 頭の中、体の中を涼しく新鮮な空気が瞬く間に駆け巡り、

体が軽くなったような気分にさせてくれる。


しかし、ここでそう長く時間を費やすわけにもいかなかった。


片方の手でもう片方の手首を捻るように袖を軽く直し、

背負っている護身用の杖の位置も撫でるように軽く整える。


     Idylle 2


「さて・・・・では、行きましょうか。」


そう自分に言い聞かせると、彼女は太陽の光を背に受け、髪を風に靡かせながら歩き出した。





舞台裏コーナーのお時間だよ♪

という事で皆様どうも、Kirscheでございます。

今回はクリーンインストール後の新しいスタートとかけまして、
思い切って今回は新しいキャラクターを登場させる回にしようと思い、
登場待機中の男性数名を差し置いて Idylle 先生に登場して頂きました。ぱちぱちぱちぱち


     Idylle 3


本当なら動画で公開する予定だったミニクエストの中で登場させるつもりだったのですが、
AVIファイルが認識出来なかった関係で、これでは本当にいつになるのか分からなかったので、
「もういいや!」と妥協して登場させる事にしましたw

前回、Dolceさん達がShivering Islesに小旅行に行ったという事を書きましたが、
更新後、留守にしている間のCyrodiilのお目付け役も誰かいたほうが良いかな?
・・・と思い始めたので、Shivering Islesへ向かう前のお話をちょっと考えて、
勝手に口実を作って登場をお願いしましょうというのが今回を書くに至った経緯でございます。

クリーンインストール後のMOD導入による変化の様子を見て来てもらう為だったりもしますが、
こんな大物にわざわざ動いてもらえるのは恐らくこういう機会ぐらいしかないと思うので(笑)


また、今回Mages Guild関連のお話を少し取り入れましたが、
ねくロマンサーさん達に崇拝されているKing of WormsことMannimarcoさんを倒しても、
そのねくロマンサーさん達もきれいさっぱりいなくなる、というわけではなく、
倒した後も各地にまだわんさか潜んでいて、さらにOOOを入れてみると
新しいねくロマンサーさんの勢力も出てきたりするので、Arch-Mageになった後も
本来ならとても「めでたし☆めでたし」とは言えるような状態ではないんですよね。

それに、表立って知られているArch-MageCyrodiilを離れたという話が広まれば
Mages Guild、及びArch-Mageを目の敵にしている誰かが動き出しても不思議ではないし・・・

・・・・と、簡易相関図を頭の中でおさらいしていたらそう思えてきたので、
じゃあこれをお目付け役をお願いする理由の一つとしてみようと思った、というわけです。

(これは飽くまでも私の解釈でしかないので、真に受けるべきではありません。)


これを留守にしている間の小話にもつなげてみようかとも一度考えましたが・・・
頭を捻りに捻ってこの回を書くのに半日相当の時間がかかってこれですよ?
英語も日本語も中途半端な私に書ける文章など所詮この程度です。

なので、つなぎとして考えた小話はそんな大したお話にはならないのであしからず・・・
(小話なだけに多分2、3回で終わると思います。)
というより、この一回で私のほうが限界を感じつつあるぐらいなので・・・orz


ちなみに、Idylle先生もArch-Mageの一人だと書いたのは、
Master-Wizardというランクに就く人が複数人いるのであれば、
Arch-Mage、あるいは同格の人間も一人だけでなくCyrodiil全体で数えたら
複数人いても別におかしくないのではないかなという私の勝手な解釈によるものです。

今までいろいろなところでCyrodiilという同じ舞台でのいろいろなお話を拝見しましたが、
'アーチメイジ'という言葉が出てくる度、「あっ、この人もそうなんだ~」と思ったりして、
そこから

「みんなこのCyrodiilっていう場所にいるんだな~」
               ↓
「えっ、じゃあArch-Mageとかも複数人いるっていう解釈もありなんじゃない?」
               ↓
「このキャラクターさんの同僚みたいな感じで同じ立場に立つのもいいんじゃない?」

という非常に安易な発想です orz 
でも元を辿れば一人で複数のギルドの最高位を掛け持ち出来るはずがないので
こういう発想もありなんDA!!と勝手に言い聞かせている次第です。ふひひ さーせん


と、こんな感じで「試しに物語っぽく書いてみたよ!」という回でした。
お目汚しにしかならなかったかもしれませんが、お読み下さった方々、
毎度の事ではありますが、ありがとうございます。m(_ _)m


それはそうと、Fighters Guildはファイターズギルドとちゃんと呼ばれてるのに、
Mages Guildはなぜ「メイジ"ズ"ギルド」と呼ばれないのだろうと疑問で仕方がありません。
Magesのsはなんで必ずと言っていいほどスルーされてるんだろうと
今までずっと気になってはいたのですが・・・ 別に呼びにくいわけでもないです・・・よねえ?


テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

コメント


わー、Moonshadow Elves ですね~。
私の4thキャラもMoonshadow Elvesなんですけど、笑うと....。
まあ、見なかったことにすれば、なんて事無いですけどねぇ(; ̄ω ̄)ゞ
続きがとても楽しみです。
ポ-カ-フェイスのベッピンさん!さあ、どう動く!?
2010/05/23 11:20  山崎ヌコ  URL  #-  編集


>山崎ヌコ様

Idylle先生はMoonshadow ElvesのMODが公開されてすぐに作って、
それ以来ずっと登場させたいと思っていたキャラです(>ワ<)
でもMoonshadow Elvesって・・・確かに笑うと・・・・ですよね~w
ちょっとオーバーな感じになっちゃうんですよねえ・・・

なのでMPCに登録してあるほうの先生は友好度を50に固定したりして、
なるべく普通の顔を保てるようにしてあります。
それでも笑っている顔が見えると・・・orz

これはタイトルにもあるように、「おつかい代行」をする程度なので、
決して大した展開にはならず、あっけない感じで終わってしまうと思いますが、
数回分試しに書いてみようと思うので、よろしければお付き合い下さいませm(_ _)m

それと、この度山崎ヌコさんのブログをリンクさせて頂きました!
今後ともよろしくお願い致しますね♪
2010/05/23 12:20  Kirsche  URL  #-  編集


わーお!リンクありがとうございます(*´∀`)
私もコチラのリンクを貼らせていただきますです。
いや~、うれしいな~、めでたいから1杯呑もうかな(ノ∀`*)w
2010/05/23 16:26  山崎ヌコ  URL  #-  編集


>山崎ヌコ様

WAAAA!ありがとうございます!(>ワ<)
毎回素敵なMOD紹介、参考にさせて頂いております♪
ふつつか者ですがこれからも何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m

じゃあ私も一杯飲んできます♪ ...コーラをw
(キョロキョロ) . . . かんぱーい!
2010/05/23 16:51  Kirsche  URL  #-  編集


先生!やっちまって下さい!
と叫びたくなるようなPrologueですね(≧∇≦)
間違ってもKvatchに侵攻しないで下さいw
ギルドなのにmagesでは無い。確かに(・∀・)
魔法使いではなく魔術師である所の彼らは、探求する目標。。この世界では何なんでしょうね~?
世界の真理だとか根源だとか、はたまた賢者の石なんかを追求しているものでは無く、
単純にマジカの研究をしているのが、ICの大学。
それと別に、多くの魔術師がそうであるように、自らの研究は人に明かさず知識だけを求め、糧を得る為の相互支援を行っているのが魔術師ギルドだと勝手に解釈してます♪
魔術師は個であり、故にmagesではなくmageなんだろうか。とw
2010/05/23 17:25  かにうま  URL  #3IP1WHPs  編集


>かにうま様

こんな「おつかい」な感じで先生に出歩いてもらえる機会は
今後恐らくないだろうなあと思います。
先生がその気になったら恐らくKvatchは粉々になるか、丸ごと吹き飛んでしまうでしょうw

それにしても、The Elder Scrollsの世界に関する解釈は、
プレイヤーの数だけあるといっても過言ではないですよね。
かにうまさんの解釈も「うんうん」と頷きながら読ませていただきました。

かにうまさんの言うように、それぞれで異なる研究をしている事も含め、
魔術師は個人なのでMage、という解釈も一つの答えなのだと思います♪

その一方で、授業やアサインメントなどにおいて、
共通の問題に同じギルドの人達と取り組んでいく中で、
葛藤や経験といった事を通して、知識は勿論、人格などもお互いに高めあっていく。
そしてそこから得た経験が個人の研究をさらに昇華させるきっかけになったのだとしたら・・・
と、こんな感じで少し考えていたんですけれども。

個人で研究している事は異なるかもしれない。
死霊術を抹消する為の手段を考えながら日々研究に明け暮れている人もいれば、
ただ単に日常で役に立つようなスペルの研究をしているだけ、という人もいるのかもしれません。
でも広い目で見るとその全ては一つのところにつながっている。

そう考えると、みんなでそこに向かって取り組んでいるという捉え方も出来ると思うので、
Mages、なんだろうな~と自分は思っていたわけでしてw

その最終的に行き着くところが魔法・スペルという概念そのものなのか、
Magickaという魔術の源に結びつくのか、あるいはまた別の物事なのか、
ここの解釈ばかりは完全にプレイヤー次第になりそうなので自分ではなんとも言えませんが・・・

共通の何かはあっても、それに縛られる事もない。
全員でもあって個人でもある。考えてみれば不思議な話ですよね。
2010/05/23 20:48  Kirsche  URL  #-  編集


お話きたこれ!!
とばかりにわくてかしつつ拝読しました。
Idylle先生おきれいです(´∀`)
Moonshadow Elfはほんと美しいですね。なんか常人ならざるオーラが出てしまうので
使いどころが難しそうだなあ とか勝手に思ってたんですが
こういう役どころの人だと実にはまりますですね。神秘的美女。

今回のお話でも触れられてましたけど
私もまにまるこさん亡き後のネクロ連合は荒れそうだなあって思ってます。
平和ボケしてる国内メイジより人道問わないネクロさんたちのが強いだろうし
首魁を失うと組織って迷走するものだし余計手に負えないことになったりして。
プレイヤー扮するArch-Mageが在りし日のGalerionみたいに
国内メイジ率いて大戦争みたいなことになったら面白いのになー。

あと私日本語プレイヤー故に今まで疑問に持たなかったんですが
Magesではないんですね。Mageなんですね。
でも大学内の様子とかギルド支部見てるとなんだか納得してしまいます。
下位~中位の人たちは皆自分の頭のなかでいっぱいいっぱいなんだもの。
理由はともあれ個人主義の人だらけのギルドには似合いな感じかなーなんて思ってしまいました。
2010/05/24 23:02  ウロ  URL  #z.VEhabY  編集


>ウロ様

自分が書く文章がどこまで通用するのかを確かめるのも兼ねて、
数回分だけ試しに書いてみようと思いま~す。
今の自分の技量ではこの一回を書くのもやっとでしたが・・・orz

Moonshadow Elvesはデフォルトの状態でも美しいですよね~♪
他の種族にはないオーラが漂ってるので、
じゃあこういう博識な先生役で登場させてみよう!と思った次第でございますです。

Necromancerさん達は元々がちょっとアブない人達な事もあるのですが、
やっぱり今まで崇拝していた"おやびん"がやられちゃったら
復讐を企てるか、もっとヤバい力を持った/持たせた人をまず跡目に立たせるか、
それとも跡目争いで巻き添え被害を出すなり、いろいろ起こりそうな事が考えられますよね。

でもこの世界って「自分大好き」な他力本願な人が圧倒的に多いので、
全面戦争みたいな事になったら「えっ、わたしはたすかるのかしらあらやだにげなくちゃ」
とか言い出してプレイヤー扮するキャラにまた押しつける人が出てきそう・・・

→ Magesではないんですね。

本家(英語)ではMages Guildとなっているのに、
日本語でメイジ"ズ"と呼ばれているのを見た事がなかったので
今まで疑問に思っていたんですよ。
(英語のままでプレイを続けているとこういう違いが気になったりする事が多くて。)

でも自分の事しか考えていない人達が多いという点ではそういう考え方も出来ますね。
そうすると今度はギルドとかそういう体制を取る必要すらないような気もしてきますが(笑)
そういえばギルドの推薦状関連のクエストの一部もおつかいのような感じですよね。
2010/05/25 20:39  Kirsche  URL  #-  編集


>友好度を50
あぁ、誰もが通る道なんだなーと思った私です。
こんばんわ(つ_T)

Actors In Emotionsだと「薄く笑う」とか
微妙な表情がつけづらいんですが、
Actors In Chargeだと笑顔と怒り顔が何段階か
細かく用意されてる事に最近気付きました。
首の角度が変わったりするので
ちょい癖がありますが、SS撮影時に
笑顔が怖いキャラにオススメです。

Moonshadow Elvesの神秘的なお顔立ちも
良いですが、Kirsheさんとこの女子は
いつも服のチョイスが素敵ですね。
この美人さんはどんなお話になるのやら。


>みんなこのCyrodiilっていう場所にいるんだな~

Kvatch辺りを通りかかる時に
「今日も燃えてるなぁ」と思っていたのが、
最近「今日も燃やされてるなぁ」に変わりました(笑)

冒険中に余所様のキャラにばったり出会えたら
面白そうですね。
2010/05/31 21:37  天気輪  URL  #-  編集


>天気輪様

こんばんはです~
確かRead Meに「表情がちょっとオーバーな感じになっちゃうかもNE」
という事が書かれていて「どんな感じなんだろう・・・」と試してみたらすぐに
「な・・・なるほど・・・orz」となったKirscheでございますw

Actors In ChargeはMODを入れてOblivionを再開した頃から
お世話になっている一つですね~♪
友好度0~100の間での表情の変化を10ごとに選べますし、
ポーズやアニメーションも主張し過ぎない万能なものばかりなので助かってます。

そのキャラの顔立ちにもよるかもしれませんが、Moonshadow Elvesの場合、
60ならオーバーにならずにギリギリでいける感じかな?と思いましたよ。

→服のチョイス

そう言って頂けるなんて恐縮でございます(笑)
露出のあるものや、おむねがドーンなもの、
ロリ寄りの「かわいい」類のものは大抵、寒気がする程に合わないので
引き出し自体はそれほど多くないのですが・・・

でもだからこそ「限られた数のものを総動員させて、いかに良い着合わせ方を見つけるか」
が大事なのだろうなと言い聞かせながらやりくりしておりますw

待機中の男性キャラ数名も登場させたいのですが、
まだ合いそうな衣装が揃わないので身動きが取れない状態です・・・
そろそろ男性側にスポットを移して何かをやってみたいとも思っているのですけど。

→最近「今日も燃やされているなあ」に変わりました

∑(・Д・)!! もっ・・もしかして・・そっ・・それはっ・・・!
い、いえ、違うかもしれませんよね!(キョロキョロ)

ばったり出会った事をきっかけに何かを手伝ったり、
何かを一緒に退治しに行ったり出来たら楽しいだろうなあって思う事がよくあります。
Brumaの防衛戦とかで一緒に戦えたら楽しそうですよね。
私はKvatchを一緒にはかi(わあなにをするやめt・・・

コラボでクロスオーバーとかも出来たら面白そうですよね~♪
いつかやってみたいな~
2010/06/01 19:11  Kirsche  URL  #-  編集


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://dolcecreamlatte.blog96.fc2.com/tb.php/34-684e9817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。